お金と融資の仕組みと流れ~クレジットカードの審査が甘くなる編~

お金を必要としている人にお金を貸し付けることを融資といいますが、貸す方から言えばお金を貸し付けて、利子をもらうことで利益を得ながら事業活動をしているということになります。融資ということですぐに頭に浮かぶのは銀行の融資です。
銀行の業務はお金を貸してその利子で利益を得ていますから、貸せば貸すほど儲けが増えるということになります。それが成り立っているということは、それを借りる存在が豊富にあるということにもなります。日本の銀行も世界的な規模のものもありますので、融資ということがなければ経済自体が成り立たないということでしょう。企業等では借り入れは普通のことで、借り入れがない無借金経営の方が珍しがられますし、健全な経営だと信用が増すくらいです。
また銀行の場合はあずけられた一般からの預金や日銀などからの借りたお金を融資することでで成り立ってもいます。他の金融機関でも似たようなものでしょう。

そのような流れをまず理解しないと経済の中での融資ということの本来の意味がわからなくなります。私たち個人においてもお金を借りている人たちはたくさんいて融資がないと生きていけない人たちもたくさんいます。総量規制で年収の3分の1までしか借りられなくなったので、それで困る人たちがたくさん出るのではないかという問題もありました。そのように個人においてもお金に関しての融資はとても重要なものだと思います。ショッピングなどでも今はクレジットカードが主流ですが、それも一時的にクレジットカードの発行会社が代わりに立て替えて払い、その後それぞれの形で精算するということですから、これも融資ということになりますね。そのように人間の社会では今や融資は切っても切れないモノになっているということになります。その中で個人の場合には、融資の意味とそれが自分にどのように関わってくるかを理解することがまずは大切だと思います。自分が損をしないためにもですね。

お金を借りるならどこで融資してもらう

どんな方でもお金が足りないって時はあると思います。そんな時に登録しておくと便利なのが消費者金融になります。一見、消費者金融には偏見がある方っていると思います。
しかし、消費者金融を登録しておいたってしっかり計画を立てて借りていれば、普通に車や家のローン・携帯電話の分割払いと対して変わりがないんです。
クレジットカードを利用している方とすれば、それこそ変わりないと思います。

実際にどんな消費者金融があるかというと、大手はもちろんレイクやアイフル、アコムなどになります。これらの会社は大手であることと消費者金融だけの会社ですので、サービスなどがとてもなっています。ほかにも銀行系の融資会社などがたくさんありますので、下記で詳細を載せようと思いまうす。10

1レイク・レイクは10万円が基本的な上限になっており、融資がすごく簡単に行えるんです。
なので、ほんとにちょこっとだけ借りたい人向けで、10日間だけなら利息もかからないので便利です2アイフル・アイフルはとても充実したサービスがあってやっぱり安心です。
3アコムは自分がお勧めします。24時間返済や融資が可能ですし、条件の交渉も機械だけで行うことができます。つまり、人とかかわらないので、借りるのに恥じらいがある人でも借りれるということになります。一度、興味ある方はやってみませんか。登録しておくだけでも、何かあった時にすごく便利です。
カードをつくるならアコムがおすすめ、融資がかんたんですから。

ギャンブルは依存しない程度に楽しむ

ギャンブルというと頭に浮かぶのは、競艇、競馬、競輪、パチンコといった類です。生活の中で楽しむ程度であれば、問題ありませんし、使っても良いお金を自分でしっかりとけじめをつけておくという対応が出来れば、それほど怖いということもありませんし、手元のお金が増えるというラッキーなこともあるので娯楽としては良い気分転換になるでしょう。また、小額から楽しめるパチンコやスロットなどは気軽に手を出しやすいです。それがデメリットとなり依存しやすいという危険も秘めています。実際に日常生活に支障が出てしまうようにはまってしまう人も少なくありません。それがギャンブル依存症と言われています。

どんな支障が出てくるかというと、やはり一番は多額の借金を抱えることにより、カードローンや、親戚や友人にまで借金を作ってしまい、悪循環が悪循環を生んでしまう点でしょう。借りたお金を返すために、またギャンブルをするというあてのない借金をすることが平気になっていたら間違いなく依存症でしょう。そして、家族からの信頼度もなくなり挙句の果てには結婚生活にピリオドという結果にもなりかねません。依存症に陥らないのが最善ですが、もし、陥ってしまった場合には、一人では治せないと割り切って、家族や友人に相談することが大切でしょう。そして財布の中には最低限のお金を入れないこと、銀行のカードやクレジットカードは捨ててしまうくらいの勇気を持たなくてはいけないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です