クレジットカードのローンで念願のバイクを購入

私の従兄妹は昨年ずっと欲しかった念願の大型バイクをクレジットカードのローンで購入しました。バイク自体は120万程するそうで、人気機種のバイクだそうです。友人は貯金もしていますが、一括で120万円もバイク購入費で支払ってしまうと、結婚資金に貯めているお金が大幅に減り、婚約者との結婚が遅れてしまうことからローンにしたそうです。バイク自体は仕事の通勤で毎日使う必需品ですので、彼女もローン関しては了解してくれたようです。従兄妹がクレジットカードのローンにした理由は、やはり会社の信頼性が大きかったといいます。これまでバイク以外にも、ちょっとした買い物や飲み会などの際、支払いをクレジットカードにして払っていたこともあり、どういうシステムで引き落としされるのかよくわかっているし、ネットで明細などをいつでも詳細に確認できるのが魅力のようです。

最近のクレジットカード会社はインターネット上で明細の確認から、支払い額の変更など自分で簡単にできるものが多く、私も利用しています。ローンは基本的に月々決められた額を支払うものですが、月によっては余裕が出ることもあります。そのような時でも臨機応変に対応してくれる所が多いのもクレジットカード会社を利用する利点だと思います。対応がしっかりしていて、親切なので安心して問い合わせもできるので、やはりローンを組むならまずはクレジットカード会社を検討してしまいます。ただし、借りる前に毎月無理のない範囲の返済をシュミレーションすることが大事だと思っています。
クレジットカードのローンは、信頼できるお店契約する
クレジットカードを使用してのローン払いをする際には、会社の信頼度をしっかりと見極める必要があります。クレジット払いは、商品を販売している会社でクレジットカードを利用して、クレジット会社がお金を立て替える形で購入することから、商品を完全にもらえる場合には、特に問題が無いのですが、一年間の会費や講習料金などを支払った場合、講習とかを開催する会社には全額クレジット会社からお金をもらうことになるため、もし、その講習などを開催する会社が倒産などをした場合には、全額立替をしたクレジット会社より、講習を受けられなくても支払い続けなければいけなくなるのです。そして、その支払いを拒んだ場合には、自分自身が金融におけるブラックリストに登録されたりするので、支払いたくなくとも支払い義務が出てしまいます。したがって、100%クレジットカードでの支払い金額分の商品やサービスを受けれると言う保障が無ければクレジットカードでのローンは避けることが望ましいです。

クレジットカードによるローンなどは、現金を使用しないで強制的に支払いをされることから、振り込み忘れなどが発生しないので支払いミスが生じない事から毎月気にする必要も無くなります。また、会社によってはクレジットを使用することでポイントがたまるから、多少のお得間もあることからクレジットカードをうまく利用してポイントためることも出来ます。クレジットカードは、便利で使い勝手もいいのですが、使用残高だけはしっかり確認しておかないと自分が破滅する可能性もあるのでお金の管理は楽だけどしっかりと残高だけは確認しておくことが大切です。

カードローンとクレジットカードの借金

私は10年前から1人暮らしをしていますが、1人暮らしを初めてから、少ない給料で生活するのが難しく、借金をしていました。はじめは、クレジットカードのキャッシングを利用して、月数万円を借りていました。借金したての頃は、次の月には全額返済して、また、当月に借りるということを繰り返していました。ところが、徐々に、返済をリボにするようになり、全額返済する前に次の借金をするようになり、借金は膨らむ一方になりました。クレジットカード会社数社から借金をし、1件につき5000円づつ返していました。その借金が自分にとって負担になってたことは言うまでもありません。

そんなある日、銀行のカードローンの存在を知りました。そして、数社に分かれていた借金をそのカードローン1本にまとめたのです。借金が1本化されたことで、返済額は減り、クレジットカードでの[キャッシング]での借金から銀行の[カードローン]でも借金に変わったことで、自分が借金をしているのではなくて、ローンを組んでいるのだと思うようになり、少し、いや、かなり、精神的に楽になりました。冷静に考えると、借金に変わりはないのですが、よくわからない借金の正当化により、結果、カードローンの借り入れ額がますます増えていきました。先日、ローンの返済計画を立てていたのですが、このまま行くと払い終わるのが10年後とかになります。しかも総払込額が、元金に対して200%にもなるのです。軽い気持ちで、カードローンの利用枠を自由に使ってお金を借りたことを、こんな状態になって初めて心から反省しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です