内容が異なるクレジットカードのキャッシングローン

カードローンは、金融機関などで利用限度額を決めてお金を借りるローンの形態です。
利用限度額内では何度でもお金を借りることが可能です。
カードローンを扱っているところは、銀行、信販会社、消費者金融とありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。
銀行のカードローンのメリットといえば、何と言っても金利が低いということです。
また、銀行のカードローンの場合には、貸金業法の総量規制を受けない点も魅力です。
貸金業法の改正では、お金を借りる場合には、年収の3分の1を超える借入ができないという総量規制が設けられました。
しかし、銀行のカードローンに関しては、規制の対象外とされています。
ただし、銀行のカードローンの場合には、審査に多少の時間がかかり、また、審査条件がやや厳しいという点がデメリットです。
これに対して、審査条件が厳しくなく、かつ、契約即日でも借入が可能というメリットを持っているのが、消費者金融のカードローンです。
早急にお金が必要な場合には消費者金融を選択することになるでしょう。
これらに対して、信販会社のカードローンのメリットは、クレジット機能が付加されていてショッピングにも使える点です。
つまり、キャッシングローンとしても、ショッピングローンとして使える点では、もっとも使い勝手がよいでしょう。

個人のクレジットカードローンというもの

住宅ローンや自動車ローン、消費者金融など、個人で借りることを目的とした貸金のことを個人ローンと総称しています。
個人ローンにはクローズドエンド型といって、融資をうける時点で、貸付金額が固定しているものと、限度額の中では自由に何度も借りることができるクレジットライン型とがあります。
個人ローンの場合、返済を怠ることなく継続している場合には、良好な信用記録がつきます。
これは将来の返済能力の証明につながるので、銀行や融資機関から融資を受けやすくなります。
また、個人ローンの場合には、複数のローンを統合できるため、毎月の支払いを1つに統一することが可能です。
複数のローン契約をしている場合には利便性が高いといえます。
この場合には、個人ローンは一般に無担保のものが多いのですが、その分金利が高くなります。
さまざまな種類がある個人ローンですが、どのローンでも、まず複数のローン提供会社の条件を比較検討して、契約にすすむことが大切です。
クローズドエンド型の場合、ローン提供会社によって、手数料や利率に違いがあります。
また、クレジットライン型の場合には、最高限度額や利率に違いがあります。
個人ローンは上手に活用すれば生活を豊かにすることが可能です。

融資を行う業者ごとに見るクレジットカードローンの金利

ローンの金利は借入先と契約内容で大きく異なります。
審査が通りやすく、すぐに融資を受けられる消費者金融のローンは、利息制限法の上限に近い金利で貸し付けているため、他のローンに比べて高金利となっています。
中には一定期間金利が無料のサービスなどもありますので、短期間の借り入れやすぐに現金が必要な時に便利です。
クレジット会社のローンは金利が低いものの、カードの発行や審査に時間がかかります。
ショッピングとキャッシングを一枚のカードで利用できるので、使いやすいローンです。
銀行のローンは住宅ローンやマイカーローンなど使途が決まっているものが多く、審査も厳しいですが、金利は最も低いローンです。
近頃ではフリーローンといって使途を制限しない貸付もしており、総量規制の対象外なので他の業者に比べて高額の融資を受けられることが多いです。
返済方法は他の業者がリボルビング払いという貸し借りをいつでもできる方式なのに対し、銀行は一度融資をすると、あとは返済のみの契約になっています。
そのため、まとまった資金が一度だけ必要な場合、例えば借金の一本化などで利用すると、低金利で返済できますので、借金の完済を早めることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です