クレジットカードの審査が海外旅行で甘くなる?

海外旅行に行く時、いつも悩むことが外貨両替です。かならずクレジットカードは携帯しますが、現金しか使えないところもあるので、まとまった現金も持って行きます。でも、基本的にはクレジットカード決済をするので、現金はあまり使わないだろう。でもでも、足りなくて外貨両替したいと思ったときには、レートが悪くなっているかも。とか、両替しすぎて日本円に戻すときに損をしたら・・・など、何度も考えてしまいます。
さらに難しいのは、両替場所によって同じ国でもレートが違うことですね。空港、ホテル、街の銀行、両替所。実際は大した金額ではないのですが、ケチなのでしょうか。うまくいくと嬉しいですが、読みが外れると、とんでもなく悔しい思いをします。よく行く国であれば、現金が残っても次に使えると思って残しておくのですが、めったに行かないとなるとですね・・・最近、外貨預金にも興味があるので、外貨両替対策になるのなら口座を開いてみたいと思います。

外国為替証拠金取引で賢く外貨両替

海外旅行をする際は、当然のことながら現地の通貨を調達しないといけません。その為には、外貨両替を行う必要があります。一般的な方法としては、最寄りの銀行へ行くか、外貨ショップへ行くかのどちらかではないかと思います。外貨へ両替する際は、当然のことながら手数料がかかります。場所や両替する通貨によって違いますが、例えばアメリカドルなら、1ドルあたり1円ぐらいの手数料を取られるのが一般的です。1円と聞くと、小さな出費に思えますが、ある程度の額を両替すれば大変大きな出費になります。
外貨両替で手数料を節約する方法として一番良いのは、外国為替証拠金取引の「受け渡し」を利用する方法です。通常の外国為替取引では、外貨を実際に受け取りませんが、受け渡しは、為替取引の際に購入した外貨を受け取る仕組みです。外国為替取引であれば、両替手数料は数銭から数十銭で済みます。受け渡しの手数料を含めても、銀行などでの両替の半分以下の出費で済みます。さらに、刻一刻と変化する為替レートの中で、自分の気に入ったレートで両替をすることができるのです。無駄な出費を抑えれば、より豪華な旅行を楽しむことができるのではないかと思います。

旅行に行く時の外貨両替について

海外に行くときに現地のお金にすでに両替して持っていってますか?銀行などで現地のお金に両替してもっていくと大抵はそんしてしまうのですよ!なぜかというと日本と現地ではおかねのレートが違うからです。レートが違うので日本だと高めについちゃうけど、現地だと安くなるのです。
ですが、どの国に行くときも現地での両替が良いというわけではないですよ。ドルやユーロの場合はむしろ日本で両替していった方が安いので、ドルやユーロの場合は日本で外貨両替していってください。それいがいは大体現地で両替するほうがいいですね。
そこで現地で両替っていってもどこでするのか?という疑問がでてきますが、一番いいのはやっぱり現地の銀行が安く外貨両替してくれます。でも銀行ですから平日の昼しか開いてないので、時間が合わない場合は、両替所で外貨両替をしたらいいと思います。でも両替所でも銀行でも外貨両替したらその場で金額があってるか確認した方がぼったくりにあわないのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です