お金と融資の仕組みと流れ~クレジットカードの審査が甘くなる編~

お金を必要としている人にお金を貸し付けることを融資といいますが、貸す方から言えばお金を貸し付けて、利子をもらうことで利益を得ながら事業活動をしているということになります。融資ということですぐに頭に浮かぶのは銀行の融資です。
銀行の業務はお金を貸してその利子で利益を得ていますから、貸せば貸すほど儲けが増えるということになります。それが成り立っているということは、それを借りる存在が豊富にあるということにもなります。日本の銀行も世界的な規模のものもありますので、融資ということがなければ経済自体が成り立たないということでしょう。企業等では借り入れは普通のことで、借り入れがない無借金経営の方が珍しがられますし、健全な経営だと信用が増すくらいです。
また銀行の場合はあずけられた一般からの預金や日銀などからの借りたお金を融資することでで成り立ってもいます。他の金融機関でも似たようなものでしょう。

そのような流れをまず理解しないと経済の中での融資ということの本来の意味がわからなくなります。私たち個人においてもお金を借りている人たちはたくさんいて融資がないと生きていけない人たちもたくさんいます。総量規制で年収の3分の1までしか借りられなくなったので、それで困る人たちがたくさん出るのではないかという問題もありました。そのように個人においてもお金に関しての融資はとても重要なものだと思います。ショッピングなどでも今はクレジットカードが主流ですが、それも一時的にクレジットカードの発行会社が代わりに立て替えて払い、その後それぞれの形で精算するということですから、これも融資ということになりますね。そのように人間の社会では今や融資は切っても切れないモノになっているということになります。その中で個人の場合には、融資の意味とそれが自分にどのように関わってくるかを理解することがまずは大切だと思います。自分が損をしないためにもですね。

お金を借りるならどこで融資してもらう

どんな方でもお金が足りないって時はあると思います。そんな時に登録しておくと便利なのが消費者金融になります。一見、消費者金融には偏見がある方っていると思います。
しかし、消費者金融を登録しておいたってしっかり計画を立てて借りていれば、普通に車や家のローン・携帯電話の分割払いと対して変わりがないんです。
クレジットカードを利用している方とすれば、それこそ変わりないと思います。

実際にどんな消費者金融があるかというと、大手はもちろんレイクやアイフル、アコムなどになります。これらの会社は大手であることと消費者金融だけの会社ですので、サービスなどがとてもなっています。ほかにも銀行系の融資会社などがたくさんありますので、下記で詳細を載せようと思いまうす。10

1レイク・レイクは10万円が基本的な上限になっており、融資がすごく簡単に行えるんです。
なので、ほんとにちょこっとだけ借りたい人向けで、10日間だけなら利息もかからないので便利です2アイフル・アイフルはとても充実したサービスがあってやっぱり安心です。
3アコムは自分がお勧めします。24時間返済や融資が可能ですし、条件の交渉も機械だけで行うことができます。つまり、人とかかわらないので、借りるのに恥じらいがある人でも借りれるということになります。一度、興味ある方はやってみませんか。登録しておくだけでも、何かあった時にすごく便利です。
カードをつくるならアコムがおすすめ、融資がかんたんですから。

ギャンブルは依存しない程度に楽しむ

ギャンブルというと頭に浮かぶのは、競艇、競馬、競輪、パチンコといった類です。生活の中で楽しむ程度であれば、問題ありませんし、使っても良いお金を自分でしっかりとけじめをつけておくという対応が出来れば、それほど怖いということもありませんし、手元のお金が増えるというラッキーなこともあるので娯楽としては良い気分転換になるでしょう。また、小額から楽しめるパチンコやスロットなどは気軽に手を出しやすいです。それがデメリットとなり依存しやすいという危険も秘めています。実際に日常生活に支障が出てしまうようにはまってしまう人も少なくありません。それがギャンブル依存症と言われています。

どんな支障が出てくるかというと、やはり一番は多額の借金を抱えることにより、カードローンや、親戚や友人にまで借金を作ってしまい、悪循環が悪循環を生んでしまう点でしょう。借りたお金を返すために、またギャンブルをするというあてのない借金をすることが平気になっていたら間違いなく依存症でしょう。そして、家族からの信頼度もなくなり挙句の果てには結婚生活にピリオドという結果にもなりかねません。依存症に陥らないのが最善ですが、もし、陥ってしまった場合には、一人では治せないと割り切って、家族や友人に相談することが大切でしょう。そして財布の中には最低限のお金を入れないこと、銀行のカードやクレジットカードは捨ててしまうくらいの勇気を持たなくてはいけないかもしれません。

クレジットカードの審査を甘くするために!

私は飛行機を利用したのは今までプライベートの旅行だけです。
結婚以前は地方公務員の保育士の仕事をしていました。
その関係もあり、休暇はかなり早い段階から決める事が出来ました。
その時に感じた事ですが、航空券は旅行に行く直前に航空券を予約するよりも、なるべく早い時期に予約すればするほど安い価格で購入できるという事です。
私の場合は特に地方公務員という仕事のお蔭で、かなり早い時期に日程を決まることが出来たために、この恩恵を享受する事が出来ました。
航空券も直接航空会社で購入すれば、多くのマイレージをもらう事が出来ます。
しかし残念ながら航空会社で購入するのも以前に比べればかなり安く買う事が出来る様になりましたが、まだまだ旅行会社のパックで買う値段には及んでいません。
ただ旅行会社のパックは料金は安いのですが、その分マイル(マイレージ)が半分だったり、かなり少ないマイルしか付かない場合もあります。
そこでお奨めのお得な航空券の購入方法としては、出来る限り早い時期に旅行会社のパック旅行を「航空会社のクレジットカード払い」で購入するという方法です。
この方法であればかなり安い代金で旅行に行けますし、もしそのパックのマイレージが少なくても旅行代金の分のクレジットの分でマイレージが付くのでかなりお得になるという仕組みです。

マイルを上手に貯めよう

旅行が大好きな私。
たくさん行きたいけどお金がかかるので、なるべく安く行くよう心掛けています。
やはりお得に旅行するなら、旅行代金の大部分を占める航空券をマイルにするのが一番。
と言ってもビジネスを利用したり、たくさん飛行機に乗っている人ならいざ知らず、私のように飛行機の利用が年に何回か、という人ではなかなか貯まらないのが現状だと思います。
しかし私は年に1~2回、必ずマイルで海外旅行をしています。
その方法は、まず当たり前ではありますが日頃の支払いを全てマイル提携のクレジットカードにすること。
スーパーでの買い物から公共料金の支払い、病院、美容院、新聞代など。
飲み会は進んで幹事になり、お金を集めて支払いは自分のカードで。
私はクレジットカードだけで年に1万マイル貯めています。
ローシーズンなら国内線の最小マイルが1万マイルですので、これだけでも年に1回旅行ができます。
でもどうせなら海外に行きたいので、もう少し貯めましょう。
以前はJALのマイルを貯めていましたが、今はANAを貯めています。
なぜかと言うと、ANAの方が各企業やWEBサイトとの提携が多いから。
特にオススメなのがネットのポイントサイト。
クレジットカードを発行したり、FXの口座を開設しただけで5000~10000ポイントがもらえ、それをマイルに交換することができます。
アフィリエイトもオススメです。
以前はアフィリエイトの報酬は現金でもらっていました。
しかし、例えば1,000円の報酬があったとしましょう。
還元率の関係でマイルに交換すると、500マイルになります。
500マイルと言えばクレジットカードだと50,000円分の買い物をしなければ得られません。
1,000円の現金をもらうよりずっとお得ですよね。
また、アンケートサイトやモニターサイトでも貯めることができます。
これらのサイトは、直接マイルに交換することができないものもありますので、マイル交換が可能なポイントサイトに移行し、そこからマイルに交換という流れになります。
時々カードの規約が変更になったり、ポイントサイトとの提携が終了したりと、改悪されることもあります。
早めにマイルに交換して利用した方が良いと思います。
.

出張で貯まるマイル

マイレージ、とっても有り難いサービスです。
というのも私は某印刷会社に勤務していますが、毎月定例で本社の会議に出席します。
その際に、会社で飛行機を使用させてくれますが、チケット購入時のクレジットは一時、個人建替えしてもOKという寛大な会社です。
東北のとある空港から伊丹まで行くわけですが、定例会以外の用務もあり、年間20回ほどは本社に行きます。
これだけでかなりマイレージは溜まります。
その他には、月並みですが普段の買い物はもちろん、公共料金(電気)、外食事の支払、移動時のタクシー、洋服購入・・などあらゆる支払をカード払いにしてます。
携帯電話等の支払いもカード決裁にしてしまいます。
そしてマイレージに変換しえています。
そのおかげで、昨年秋には九州旅行に行けました!もちろん航空券は貯めたマイレージで、です。
これは聞いた話ですが、特定の航空会社と特定の金融機関が提携して、より有利なマイレージプランを打ち出しているケースもあるそうです。
飛行機にのるならマイレージを!ですね。

クレジットカードの審査が海外旅行で甘くなる?

海外旅行に行く時、いつも悩むことが外貨両替です。かならずクレジットカードは携帯しますが、現金しか使えないところもあるので、まとまった現金も持って行きます。でも、基本的にはクレジットカード決済をするので、現金はあまり使わないだろう。でもでも、足りなくて外貨両替したいと思ったときには、レートが悪くなっているかも。とか、両替しすぎて日本円に戻すときに損をしたら・・・など、何度も考えてしまいます。
さらに難しいのは、両替場所によって同じ国でもレートが違うことですね。空港、ホテル、街の銀行、両替所。実際は大した金額ではないのですが、ケチなのでしょうか。うまくいくと嬉しいですが、読みが外れると、とんでもなく悔しい思いをします。よく行く国であれば、現金が残っても次に使えると思って残しておくのですが、めったに行かないとなるとですね・・・最近、外貨預金にも興味があるので、外貨両替対策になるのなら口座を開いてみたいと思います。

外国為替証拠金取引で賢く外貨両替

海外旅行をする際は、当然のことながら現地の通貨を調達しないといけません。その為には、外貨両替を行う必要があります。一般的な方法としては、最寄りの銀行へ行くか、外貨ショップへ行くかのどちらかではないかと思います。外貨へ両替する際は、当然のことながら手数料がかかります。場所や両替する通貨によって違いますが、例えばアメリカドルなら、1ドルあたり1円ぐらいの手数料を取られるのが一般的です。1円と聞くと、小さな出費に思えますが、ある程度の額を両替すれば大変大きな出費になります。
外貨両替で手数料を節約する方法として一番良いのは、外国為替証拠金取引の「受け渡し」を利用する方法です。通常の外国為替取引では、外貨を実際に受け取りませんが、受け渡しは、為替取引の際に購入した外貨を受け取る仕組みです。外国為替取引であれば、両替手数料は数銭から数十銭で済みます。受け渡しの手数料を含めても、銀行などでの両替の半分以下の出費で済みます。さらに、刻一刻と変化する為替レートの中で、自分の気に入ったレートで両替をすることができるのです。無駄な出費を抑えれば、より豪華な旅行を楽しむことができるのではないかと思います。

旅行に行く時の外貨両替について

海外に行くときに現地のお金にすでに両替して持っていってますか?銀行などで現地のお金に両替してもっていくと大抵はそんしてしまうのですよ!なぜかというと日本と現地ではおかねのレートが違うからです。レートが違うので日本だと高めについちゃうけど、現地だと安くなるのです。
ですが、どの国に行くときも現地での両替が良いというわけではないですよ。ドルやユーロの場合はむしろ日本で両替していった方が安いので、ドルやユーロの場合は日本で外貨両替していってください。それいがいは大体現地で両替するほうがいいですね。
そこで現地で両替っていってもどこでするのか?という疑問がでてきますが、一番いいのはやっぱり現地の銀行が安く外貨両替してくれます。でも銀行ですから平日の昼しか開いてないので、時間が合わない場合は、両替所で外貨両替をしたらいいと思います。でも両替所でも銀行でも外貨両替したらその場で金額があってるか確認した方がぼったくりにあわないのでおすすめです。